レーザー脱毛後に日焼け・日サロはダメなの?

MENU

レーザー脱毛後に日焼け・日サロはダメなの?教えて

脱毛クリニックやサロンでカウンセリングの際に必ず注意点として告げられるのが脱毛前や脱毛後の日焼けはしてはいけないということがあげられます。ですのでレーザー脱毛に限らず光脱毛も同様で紫外線を浴びることはご法度としています。

 

しかしムダ毛の処理をした方ではどうしても日サロンに行って小麦色の健康肌になりたいという方もいるのではないでしょうか。そこで脱毛中の期間なら大丈夫?なんて考えている方は後々後悔することとなりますのでなぜレーザー脱毛後(光脱毛)に日焼け・日サロンはダメなのか?ここではその理由とリスクをまとめてみましたので参考としてご覧下さいね!

 

医療脱毛後の日焼けのリスク

 

  • 施術後の痛みが増す
  • 色素沈着(黒ずみやシミ)

 

レーザー脱毛後は肌トラブルが起きやすくなっているのはレーザーの熱刺激により肌の水分が蒸発し乾燥肌となっていることが理由としています。そのためそんな弱った皮膚に紫外線を浴びることで炎症を起こす場合もあり施術後の痛みが増してしまうことが考えられます。

 

またそのような刺激に弱い状態で日に当たることで一般の人よりも脱毛直後はシミの原因とされるメラトニンのはたらきが活性しやすくなっていますので少しの時間で人によっては黒ずみやシミができてしまうこともあります。せっかくきれいな素肌になるために高いお金をかけたのに肌荒れを起こしてしまいシミができてしまったら元も興もありません。

 

医療レーザー脱毛後の1週間はそのようなリスクが最も高い期間としていますので注意しなければいけません。そこで脱毛後は日焼けや日サロンは避けなければなりませんがそれ程神経をとがらせることはなく散歩や買い物、通勤などにおいての市外線が気になるようであれば日傘で対処するのも良いようです。

 

ちなみに日サロンでは大丈夫と考えている人もいるようですが皮膚科医の学会で発がん性が認められていますのでそれだけ肌に悪影響を及ぼすものとして脱毛後はしばらく避けるべきとしています。

 

脱毛前!脱毛中も日焼けは厳禁!

 

日焼けをした状態でレーザー脱毛の施術を行うと効果が半減してしまい照射の際には痛みが強く激痛を感じることが予想されまた火傷状態となってしまうこともあります。レーザー光はメラニン色素に反応しますので日焼け後の肌においてもメラニン色素でいっぱいとなっていますのでレーザーが反応してしまいます。

 

そのため日焼けの状態にもよりますが施術のスタッフの判断により中断する場合や日焼けした部分を除いた施術となることも考えられます。万が一うっかりして日焼けしてしまったら十分に冷やしてスタッフの方に正直に話をしてみましょう。

 

レーザー脱毛後のケア

 

  • 脱毛した日は軽くシャワーで汗を流す
  • 日焼け対策を十分行い紫外線から肌を守る
  • 脱毛部位を化粧水やクリームで保湿し乾燥を防ぐ
  • 赤みや炎症が見られたら処方されている薬を塗る

 

レーザー照射による肌のダメージは人によって異なりますが特に肌が敏感、弱いという方は脱毛後のアフターケアは重要としています。またこれまでに肌トラブルの経験がない方でも十分なケアは必要となります。せっかくムダ毛を処理してすべすべした素肌を手に入れようにもケアを怠れば後悔することにもなりかねませんので脱毛後の肌ケアは大事としています。